桜

出典:平安神宮

Love待受・神仏

平安神宮の見どころ冬・春・秋は?楽しいトニトニや会館栖鳳殿!

更新日:

京都と言えば世界中から人々が訪れる大人気観光地。

由緒ある神社仏閣が沢山ある事でも知られていますが、京都を訪れた際にぜひお立ち寄り頂きたい場所があります。

それは京都市左京区に位置する「平安神宮」

明治28年に造営された比較的新しい神社でありながら、広大な敷地には勇壮な社殿と巧みな造営技術によって造られた庭園が広がり見どころ盛りだくさん。

開放感あふれる境内を散策すればきっと日頃のストレスが吹き飛び心が軽くなるはずです。

そんな平安神宮へ足を運んでみてはいかがですか?

今回は平安神宮の季節によって変化する見どころや、徒歩1分の距離にある今話題の商業施設などについてご紹介致します。

スポンサードリンク

平安神宮の見どころ!冬の雪景色の美しさ

1895年(明治28年)平安遷都1100年を記念して建設された平安神宮。

敷地面積は日本庭園「平安神宮神苑」を含め約20,000坪という広大な広さ。

ご祭神は平安遷都を行った第50代桓武天皇と、平安京で過ごされた最後の天皇121代孝明天皇です。

少し難しい話になってしまいますが、平安神宮は「四神相応(しじんそうおう)」信仰にゆかりが深い神社だという事をご存知ですか?

四神相応とは大地の四方の方角を司る四神が存在するのに相応しい地相の事。

東西南北に神様が存在する「四神相応の地」に都を構えれば繁栄すると考えられ、平安神宮のご祭神である桓武天皇は京都を平安京の地として選びました。

度々登場する「四神」一体どのような神様なのか気になりますよね。

四神とは以下の通りです。

四神

  • 青龍・・・鹿の角、馬の首をした青い飛龍。東方を守護し春の季節を司っています。
  • 白虎・・・細長い体をした白い虎の姿で四神の中で最も高齢。西方を守護し秋を司っています。
  • 朱雀・・・翼を広げた赤色の鳳凰。南方を守護し夏を司っています。
  • 玄武・・・足の長い亀に蛇が巻き付いたお姿、北方を守護し冬を司っています。

平安神宮の御朱印帳には四神が描かれている為、深い関わりがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ちなみに余談ですが大相撲の土俵上にある4つに色分けされた房は屋根を支えた4柱の名残で、ご紹介した四神を表しています。

もっと身近に言うとみなさん大好きな“ちらし寿司”。華やかでお祝い事でも食べられますが、ちらし寿司の4色の具材は四神または四季を表しているそうです。

「四神相応」という難しい言葉をお伝えしてしまいましたが、「四神」と知らないうちに関わりがあったなんて驚きですね。

さてこの辺で本題に戻しまして、平安神宮の見どころと言えば平安京の大内裏の正庁 朝堂院を約8分の5に縮小して復元された「太極堂」

太極堂

鮮やかな朱色が見事で思わず目を奪われます。

太極堂は四季折々によって異なった美しさを楽しめますが、雪化粧をした冬の姿も風情があって魅力的。

太極堂

冬は最も参拝客が少ない時期なので、ゆっくり滞在されたい方にはピッタリ。

冬特有の澄んだ空気が流れる平安神宮を散策すれば、心身ともに浄化されるはずですので狙い目かもしれませんね。

太極堂の他1895年に造営された蒼龍桜(そうりゅうろう)は高さ10m、5つの楼閣が豪華絢爛。

蒼龍桜

朱色とグリーンのコントラストが鮮やかでとっても美しいので、ぜひじっくりご覧下さい。

スポンサードリンク

平安神宮の見どころ!春の艶やかな桜景色

春と言えば桜。

桜

平安神宮では沢山の桜が咲き誇り、ここは天国?と思ってしまう程の絶景が味わえます。

社殿を取り囲むように造られている回遊式庭園「平安神宮神苑」明治を代表する庭園と言われていますが、その敷地面積は約10,000坪。

広大な敷地に「しだれ桜」が美しい花を咲かせ、歴史ある建造物と見事にマッチ。あまりの絶景に思わず声が漏れてしまうかもしれません。

さくら

また平安神宮のシンボルとなる大鳥居と桜のコラボレーションは圧巻の迫力。かなり大きい為目を引きますが、大鳥居の高さは24.4m。

柱は大人7、8人が手を繋いでやっと囲めるというビッグサイズ。そんな大鳥居と桜を一緒に写真におさめて頂くと、一生の宝物になるはずです。

どのシーズン訪れても平安神宮は素敵な場所ですが、やはり桜が咲く春は格別ですね。この時期は夜間のライトアップもあり、昼間とは異なる幻想的な景色を楽しめます。

桜

漆塗りの社殿が桜によってより鮮やかに見えますので、ぜひ春の平安神宮を訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

平安神宮の見どころ!秋の燃えるような紅葉と時代祭

秋に平安神宮を訪れると美しい紅葉をご覧いただけます。

紅葉

紅葉の見どころとしてオススメなのは泰平閣の対岸から見る景色。赤や黄色に色づいた美しい紅葉が映し出されとっても華やか。

紅葉

様々な色が見られるよう自然の山の姿が表現されているので、より色づいた葉が際立ち見るものの心を豊かにしてくれます。

紅葉

平安神宮で紅葉を眺めながらのんびりするのも贅沢な時間を過ごせるのではないでしょうか。

時代祭!動く歴史風俗絵巻

そして平安神宮の秋の見どころで外せない行事が毎年10月22日に開催される「時代祭」

時代

今となっては首都が東京ですが1000年以上に渡って京都が首都として繁栄していたのはみなさんご存知だと思います。

そんな首都として培われた伝統工芸技術の粋を、“動く歴史風俗絵巻”として披露されるのが「時代祭」

時代

各時代行列に使用される衣装や祭具は厳密な時代考証をもとに作成された“本物”なので、歴史をリアルに感じられます。

山国隊が奏でる笛や太鼓の音色を先頭に、約2,000名の行列が2キロに及ぶ様子は圧巻の一言。

時代

平安京が造営された延暦時代から明治維新までの時代の流れを見られるこのお祭りは、“京都三大祭り”の一つとして秋を代表するイベントになっています。

テレビや映画でしか見た事がないような衣装を身にまとった人々の行列は見応え満点、まるでタイムスリップしたかのような感覚に。

日本人としてぜひ一度は見ておきたいお祭りと言えるかもしれません。

ちなみに毎年10月22日に開催される「時代祭」ですが、2019年は「即位礼正殿の儀」が行われる為10月26日に開催されます。

行列の様子を鑑賞する為に設けられる一般席:2,500円。
※価格はまだ未定ですが解説付きの席も用意されます。

先頭から最後まで鑑賞するまで約2時間程度です。

毎年110万人以上の来場者を誇る「時代祭」をぜひご覧になられてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

平安神宮!トニトニって便利・楽しい・キレイ?

初めてご覧になった方は「トニトニ」って一体何?と疑問を持たれますよね。

トニトニ

正式名は「京都・時代祭館 十二十二」と言って、先ほどご紹介した「時代祭」を365日体感できる施設として誕生したのが「トニトニ」です。

平安遷都で時代祭が開催される10(十)月22(二十二)日にちなんでユニークな名前になりました。

どのような施設なのかと言うと“情報発信型の文化商業施設”

館内のスクリーンには時代風俗行列をテーマにした作品を最新の映像技術で映し出され、他では味わえない感覚に。

館内映像

京都の文化を取り入れた和雑貨店や箸&箸置き専門店、京都ならではの食材を使ったレストランやカフェなど30店舗以上のお店が並んでいます。

トニトニ

「トニトニ」は平安神宮から徒歩1分。

お土産の購入や食事にピッタリな商業施設なので、ぜひお立ち寄り下さいね。

トニトニ

京都・時代祭館 十二十二(トニトニ)

営業時間:10時~18時 年中無休
TEL:075-752-1022
住所:〒606-8341 京都府京都市左京区岡崎に四天王町97-2

スポンサードリンク

平安神宮会館!栖鳳殿の美しさ

平安神宮は結婚式を挙げる方が多い事でも知られていますよね。

結婚

こんな由緒ある立派な場所で結婚式や披露宴を行えば、一生の思い出になる素敵なひと時を過ごせるのではないでしょうか。

せいぼうでん

京都の中でも最大級の広さを誇る平安神宮の披露宴会場 栖鳳殿(せいぼうでん)

せいぼうでん

格式ある折上げ格天井の室内は古き良き伝統と新しい感性が見事に調和し、上質な空間を創り出しています。

栖鳳殿

目の前には栖鳳池と美しい自然が広がり、栖鳳殿からでしか見ること出来ない絶景が。

収容人数は182人。

大人数に対応可能なので招待したい方が沢山いらっしゃる方にはピッタリな披露宴会場かもしれませんね。

平安神宮の拝観料やおみくじの確率、四神やペット守、他の美しいお守りなどの詳細はこちらの記事もご覧くださいね↓

平安神宮平安神宮の拝観料(中学生・小学生)とおみくじ!四神やペットお守り?おすすめランチが安い

京都にある数あるパワースポットの中で、とっても強力なパワーを授かれる事で知られる平安神宮。 開放的な境内には平安京の大内裏の正庁 朝堂院を8分の5に縮小し復元された立派な社殿が建ち、迫力満点。 更に重 ...

スポンサードリンク

平安神宮の見どころ冬・春・秋は?トニトニや会館栖鳳殿のまとめ

女性案内アイコン京都で人気のパワースポット 平安神宮についてご紹介させて頂きました。

神聖な空気が漂う境内を散策すればリラックス出来る事間違いなし。

どの季節でも美しい景色が堪能できますので、ぜひその魅力を体感して頂きたいと思います。

-Love待受・神仏

Copyright© Love神さま!恋愛、グルメや旅、アートにミュージック , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.