スピッツオフィシャルサイト

出典:https://spitz-web.com/

恋愛映画・ミュージック

スピッツの人気名曲一覧!楓・チェリー・ロビンソン等

更新日:

スピッツの大人気名曲一覧をご覧ください!

スピッツの楓!

楓YouTubeで配信された公式プロモーションビデオの再生回数が2018年8月時点で3400万回を超え、絶大な人気を誇るスピッツの「楓」

リリースは1998年7日7日でしたが20年という長い時間が経過しても決して色褪せる事無く人々に感動を与え続けています。

そんな絶大な人気を示すかの様に2017年「午後の紅茶」のCM内で上白石萌歌さんが「楓」をアカペラで披露し、スピッツを知らない若い世代の方々にも広く知られ再び大きな注目を集めました。

詳細はこちらをご覧ください!

切ない歌詞とドラマティックなメロディーが印象的な「楓」は哀愁や儚さが感じられます。

草野正宗さんの透き通った歌声が尚更切なさを引き立てているのかもしれません。

歌詞をご覧いただくと愛する女性と別れて傷ついた様子がうかがい知れますが、草野さんが描く歌詞は様々な解釈が出来る事でも知られ“後追い自殺”をする主人公の様子を表しているのではないかと解釈される方もいらっしゃいます。

詳細はこちらをご覧ください!

真相はどうであれ聴くものを魅了する事は確か。
心を震わせる感動的な曲をお探しの方にオススメな1曲です。

詳細はこちらボタン

スピッツのチェリー!

スピッツチェリー甘酸っぱい青春時代を呼び起こしてくれる様な歌詞とポップな曲調が未だ人々に感動を与えるスピッツの「チェリー」

発売当時よく聴いていたという方も長い時間を経て改めて耳にすると、よりその世界観を理解する事が出来るのではないでしょうか。

スピッツを代表する様な存在になった「チェリー」は1996年4月10日にリリースされました。

ツアーの最中に制作されたこの曲は“地に足をつけて歩く”というイメージで新たな旅立ちを表現しています。

チェリーは桜を連想させる事から新しいスタートを切る春も同時に思い起こさせますよね。

スピッツ=「チェリー」とイメージされる方も多いと思いますが、元々は「びわ」というタイトルが付けられていたそうです。

仮題のままリリースされていたらみなさんが抱くイメージが大きく変化したかもしれません。

詳細はこちらボタン

スピッツのロビンソン!

ロビンソン誰でも一度は耳にした事があるスピッツを代表する名曲「ロビンソン」

この作品はスピッツの実力を世間に知らしめ彼らにとっても大きなターニングポイントとなり、今までリリースされた中で最もセールス記録を伸ばしました。

「ロビンソン」がリリースされたのは1995年4月5日。

それまで大きなヒットに恵まれなかったスピッツでしたが、プロデューサーに笹野正徳さんを迎えた事で彼らの才能が開花。

草野正宗さんの透き通ったハイトーンボイスを活かした楽曲に仕上がっています。

多くの方に知られ未だに愛され続ける「ロビンソン」ですが、曲中に“ロビンソン”というフレーズは一言もありません。

楽曲に全く関係ない「ロビンソン」という曲名は、実は草野正宗さんがタイに旅行した際目にした“ロビンソン百貨店”から発想を得て名付けられました。

曲名と楽曲が全く関係無いというとっても不思議な作品ですが、162万枚という大ヒットを記録し未だに人々の心を動かす名曲として愛され続けています。

詳細はこちらボタン

スピッツの愛のことば!

愛のことば1995年9月20日リリースされたスピッツ6作目のアルバム「ハチミツ」に収録されている「愛のことば」

2014年放送されたドラマ「あすなろ三三七拍子」の主題歌にリミックス版が起用され、スピッツ39作目となる配信限定シングルとして再び大きな注目を集めました。

リリースから20年近い月日が経過しているにも関わらずドラマの主題歌に起用されるという事は、スピッツが多くの方に愛され続けているという証になるのではないでしょうか。

歌詞の内容から反戦の思いが込められているのではないかと噂される「愛のことば」
ミュージックビデオをご覧いただくと反戦歌と噂される理由がお分かり頂けるかもしれませんね。

詳細はこちらボタン

スピッツの魔法のコトバ!

魔法のコトバ2006年7月12日リリースされたスピッツの「魔法のコトバ」

通算31作目ととなるこの作品は映画「ハチミツとクローバー」の主題歌に起用され注目を集めました。

草野正宗さんが初めて映画の為に書き下ろしたというこの作品。
女性を想う気持ちが痛いほど伝わる歌詞に女性は胸がときめくのではないでしょうか。

草野さんの柔らかな歌声とスピッツらしい爽やかなメロディーも魅力的。

恋愛から遠ざかっているという方は「魔法のコトバ」を聴いていただくと、恋愛の切なさやときめく心を思い出していただけるはずです。

詳細はこちらボタン

スピッツの正夢!

正夢バブル全盛期に大ヒットを飛ばしたKANの「愛は勝つ」の歌詞が引用された事でも知られるスピッツの「正夢」

通算29作目となるこの作品は2004年11月10日にリリースされました。

フジテレビドラマ「めだか」の主題歌として起用された上、富士フイルム企業イメージソングにも起用されるダブルタイアップとなった為耳にすれば記憶に残っているという方がいらっしゃるかもしれません。

スピッツの数ある名曲と比べるとそれほど知名度は高くないかも知れませんが、スピッツファンの間では高い人気を誇り隠れた名曲となっています。

最初にKANの「愛は勝つ」の歌詞が引用されたとお伝えしましたが、草野さんの高校の先輩という事でリスペクトの意味が込められているのかもしれませんね。

爽やかなメロディーとサビの草野さんの伸びやかな声がとっても素敵な一曲となっています。

詳細はこちらボタン

スピッツ空も飛べるはず!

そらも飛べるはず「ロビンソン」や「チェリー」と肩を並べるスピッツを代表する名曲「空も飛べるはず」

1994年4月25日ににリリースされましたが、これまでも数々の有名アーティストのみなさんがカバーをされています。

それほど楽曲が素晴らしいと言えるのではないでしょうか。

元々はドラマの主題歌として書き下ろされたものでその作品の主題歌には起用されなかったものの、後に長瀬智也さん主演ドラマ「白線流し」の主題歌として大ヒットを記録しました。

現在は卒業ソングとして高い人気を誇っています。

リリース当時青春時代真っ只中だった世代の方にとっては、特に強い思い入れがあるかもしれません。

当時の記憶を呼び起こすために改めてじっくり聴いてみませんか?
きっと懐かしい思い出を届けてくれるはずです。

詳細はこちらボタン

-恋愛映画・ミュージック

Copyright© Loveアットファーストサイト!一目惚れの恋愛心理学 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.