https://en.vozrojdeniesveta.com/

Love神・宇宙・科学・スピ

地球上の気候変動「良心の対決」人間と爬虫類の魂の不等価交換|創造主ファーザー

更新日:

2021年8月25日
親愛なる子供たちよ、ご挨拶申し上げます。

今日は、地球上の気候変動についての話を続けますが、別の視点から考えてみましょう。

地球上の気候変動!良心の対決

人間の良心の集合体が、自然界の各要素の良心の集合体と、どのように相互作用しているかをお話しします。

この相互作用の複雑さは、あなたの惑星には、地球の全住民の良心の集合体が1つではなく、人間として体現されている文明の代表者の、良心の集合体がたくさんあるという事実にあります。

すでにご存じのように、あなたの惑星は、異なる人種の交配に関する遺伝子実験が行われるユニークな場所です。

さらに、地球の住人の多くは2つの魂を持っています。

この実験は、非常に強く、古代の魂だけが、はるかに低いレベルの他の文明の魂と、1つの肉体で共存するような運命を選択する勇気を持っていたため、ユニークなものとなっています。

これに基づいて、あなたは地球上に存在する信じられないほど膨大な数の集合意識と、そのエネルギープロファイルがどれほど広範囲であるかを想像することができます。

2つの魂の持ち主の中には、人間と爬虫類の交配種が多いですが、人間とオリオンの交配種もかなり多いです。

この2つの種族は、はるか昔にあなたの惑星を占領し、物理的に地球上での地位を確保しようとしただけでなく、文字通り肉体に「根を下ろした」のです。

その結果がどうなったかは、すでにご存知の通りです。

2つの魂が影響し合うエネルギープロセス、病気の顕現とは?

ここでは、2つの魂が肉体の中で "隣り合っている "あなたの惑星の住人が受けるエネルギーのプロセスについてお話します。

それぞれの魂はその集合的な良心に属しているので、自分の良心に向けての絶え間ない「綱引き」が行われています。

それは絶え間ない内面の葛藤となって表れ、自分自身との調和のとれた生活を妨げて消耗させます。

このような葛藤は、しばしば心の病を引き起こし、医学では病気として扱われます。

実は、心の病は、2つの魂の矛盾によって引き裂かれた、良心の中で起こっているエネルギープロセスに基づいています。

それぞれの民族の集合的な良心は、その特徴と典型的なエネルギーを集中させ、人間として具現化されている、それぞれの粒子に多大な影響を与えます。

そして、それはエネルギーの対立であり、結果的に目に見えないものであるため、個人が自分の苦しみの理由を理解することは非常に難しいのです。

魂のレベルで起きていること、つまり微細なエネルギーのレベルで起きていることは、物質志向の人にとっては「舞台裏」にとどまります。

3次元の世界では、失敗の理由を外の世界で探すことに慣れている、マインドとエゴに人生が圧倒されているからです。

そこで今、この微妙なエネルギープロセスのニュアンスをすべて明らかにして、地球上の膨大な数の人々を再生の道へと導く時が来たのです。

そのためには、自分の中に2つの魂があることを認識するだけでなく、エネルギーの面で2つの魂をコントロールして、発達段階の低い方の魂の影響をブロックすることを学ぶべきです。

これは、今回の転生で複雑なタスクを選択した、人間の魂が最初に計画したもので、最終的に自分のエネルギー空間を、低振動の「侵入した宿主」から解放するのに役立ちます。

不等価交換!人間と爬虫類の魂「エネルギーの対決」

前回のメッセージのフォローアップとして、今日は、異なる集合意識間の相互作用のエネルギーメカニズムに焦点を当てたいと思います。

それは、2つの魂が隣り合っているあなた方が、自分の中で起こっているプロセスをよりよく理解し、必要な方向に導くことを学ぶのに役立つでしょう。

ここでは、地球人にとって最も重要な集合意識である「人間と爬虫類」について考えてみましょう。

この2つの集合意識は常に相互作用しており、相互に影響しあっています。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

何よりも、何千年も前から織り交ぜられてきたからです。

人間と爬虫類の種族が交配した結果、地球上には純粋な人間と爬虫類の魂が隣り合わせになりました。
膨大な数の混血家族が出現しただけでなく、これらの魂が一つの肉体の中でも共存することを学んだという事実さえも、気づかないうちに起こっていたのです。

そしてもちろん、このような隣人関係は、人間と爬虫類の両方の集合的な良心に影響を与えずにはいられませんでした。

しかし、お互いの影響は同等ではありません。

  • 爬虫類の集団的な良心は、さまざまな操作によって、純粋な人間の魂を自分のレベルにまで「還元」することに成功しました。
  • 人間の集団的な良心は、爬虫類のエネルギー構造で抑制されているため、爬虫類を自分の精神的なレベルにまで引き上げることができませんでした。

したがって、時間はレプティロイドのために働きました。

人類の奴隷化のプロセスとは?

彼らは人類をどんどん奴隷にしていきました。

彼らの低振動の世界では、人々を簡単に支配し、完全にコントロールすることができます。

爬虫類は、高波動の神聖なエネルギーをキャッチして取り込むことができる、繊細な感覚器官を持っていないので、世界で最善の意思を持っていても、人々は彼らの中に愛と善の生命原理を育むことができませんでした。

これこそが、最近まで爬虫類の集団的な良心が、人々の集団的な良心を支配してきた主な理由です。

なぜ今、地球上の確立された秩序が破綻したのか?

  • 何世紀にもわたって世界を支配してきたこの怪物の支配から、人々はどのようにして抜け出すことができたのでしょうか?

これには2つの理由があります。

  • 一つは、あなたの惑星が新しい時代に移行し、新しい高波動のエネルギーが彼女(マザーアースガイア)を支援していて、最近まで彼女を支配していた低波動のエネルギーを解消していることです。
  • そしてもう一つの理由は、爬虫類の奴隷状態にあった人類を救い出し、新たな進化の段階に移行するのを支援するという使命を持った、これまで地球に住んでいた中で最も古く、最も(高波動で)軽い魂たちが大量に地球に到着したことです。

何千人もの人々が「目を覚まし」、自分の良心や潜在意識にすでに根付いている爬虫類プログラムの支配から、抜け出すことができるほど人間の集合的な良心を「揺り動かし」たのは彼らです。

地球上では、聖典で多く語られていた、事実上、真実の啓示である「黙示録」が到来し、地球を掌握した異星文明の犯罪行為が明らかになりました。

だから今、人間の集団的な良心と、爬虫類の集団的な良心との間で、活発なエネルギーの対決が行われています。

まとめ

それは、何世紀もの休眠状態から復活した人々が生み出す高振動エネルギーが、地球という惑星から爬虫類の集合的な意識を「強制的に追い出す」という事実にあります。

その(人類の)良心は、ゆっくりと、しかし確実に、4次元、そして後には5次元のエネルギー空間に入りつつあり、(爬虫類の集合意識が)地球の新しい現実に存在することができなくなっているのです。

ここで今日は終わりにします。

あなたを限りなく愛しています。

創造主ファーザーがあなたに語りかけました。

マルタがチャネリングしました。

-Love神・宇宙・科学・スピ

Copyright© Love神さま!宇宙の愛、グルメや旅、アートにミュージック , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.