恋愛心理・アプローチ

スピッツ楓!歌詞の意味から読み解くウェットな男性恋愛心理

更新日:

スピッツCD

発売当初から現在まで多くの方に愛され続けるスピッツの名曲「楓」

これまで名だたるアーティスト達がカバーをし、最近では午後の紅茶のCMで上白石萌歌さんがアカペラを披露した事で再び注目を集めました。

心に染みる様な切ない歌詞とメロディーが魅力的ですよね。
私も耳にする度に良い曲だなと改めて実感します。

スポンサードリンク

スピッツの歌詞には独特の魅力やエネルギーがある。
そんな深い男心の葛藤を読み解いて行きませんか?

そんなスピッツの名曲「楓」は歌詞が切ないとご紹介しましたが、みなさんは改めて歌詞をじっくりご覧になった事ありますか?

音楽を聴いていると様々な音に気を取られて歌詞があまり深く入ってこないかもしれませんが、改めて見てみると切ない男性の思いが込められています。

そこで「楓」の歌詞に込められた切ない思いを解説致します。

スピッツ楓の歌詞付きの解説!

スピッツ楓の歌詞は?

楓歌詞

文字として改めて見てみるととっても切ない男性の心が描かれていますよね。
心の底から愛した女性との別れ。

その女性と出会ったことで人生が大きく変わり、それまでの荒んだ生活が改善されたのかもしれません。

漠然と将来設計 結婚が頭をよぎったのでしょうか。

そんな女性との突然の別れ。

別離

永遠の別れである死別をテーマにしたのではないかといった解釈をされる事もありますが、どちらにせよ辛い別れを歌っていることは確か。

個人的に感じる事ですが女性は恋人と別れても比較的立ち直るのも早い気がしますが、男性はいつまでも悲しみに浸っている場合が多いですよね。

別れた女性を何年も思い続け忘れられないという場合も。
男性と女性どちらが良いという事では無く、男性の方が心が純粋なのかもしれません。

失恋の辛さを癒す1番の薬は時間の経過ですが、失恋ソングを聴いて思いっきり悲しみに浸ってみるのも立ち直る為には必要なのかもしれませんね。

スピッツの失恋ソング!チェリーとの比較

「楓」と同じくスピッツの有名な失恋ソングが「チェリー」
こちらも大ヒットとなった名曲ですよね。

「楓」とは対照的にポップな曲調ですが歌詞は切なく共感される方が多いかもしれません。

改めて歌詞を見ていきましょう。

スポンサードリンク

スピッツチェリーの歌詞は?

チェリー

チェリー歌詞

明るい曲調の「チェリー」ですが“いつかこの場所で 君とめぐり会いたい”といっている事から、何らかの事が原因で愛している女性との別れがあった事が分かります。

ただ「楓」とは全く雰囲気が違い、愛した女性との思い出を大切に抱えながら未来に向かっていく少し前向きな気持ちが感じられますよね。

お互いそれぞれの夢を叶える為に別の道を歩く事に納得して別れたものの、女性に対する想いはまだ持ち続けているという少し切ない男性心を歌っている気がします。

歌詞の解釈は人それぞれですが「楓」「チェリー」どちらも名曲!

スピッツの楽曲はどの曲を取っても色褪せる事無くいつ聴いてもすんなり耳に入ってくるので、これだけ長い間みんなに愛されるのかもしれません。

もちろん草野マサムネさんが持つ独特の魅力に魅了されてしまうのですが。
日本を代表する国民に愛されるバンドなのではないでしょうか。

スピッツの歌詞を研究している根強いファンサイト!

スピッツ歌詞研究室

出典:http://www.spitz8823.com/

スピッツは結成から現在まで多くの根強いファンを抱えています。

そんな根強いファンが立ち上げたスピッツ歌詞研究室 通称スピ研というサイトがあります。

歌詞の解釈からライブレポート、イラストまでファンからの投稿を集めたサイトで様々な投稿がありますが、中でも歌詞解釈は見ているととっても面白く興味深いものばかり。

スピッツを愛するファンが独自の観点から名曲の歌詞を解釈している投稿は、「なるほど」と思わず納得してしまいます。

このサイトを見ているとスピッツがどれだけ愛されているのかが分かりますので、スピッツに興味がある方は一度ご覧になって頂きたいと思います。

スピッツのファン歴が浅い方に特にオススメです。

スピッツの歌詞に潜む魅力のまとめ!

別れた女性

結成から30年以上経過しても尚第一線で活躍を続けるスピッツ。

「楓」や「チェリー」の歌詞をご紹介させて頂きましたが、改めて歌詞をじっくり見てみると新たな発見があるかもしれません。

素敵な歌詞が沢山ありますのでお時間がある時に改めてご覧になってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

-恋愛心理・アプローチ

Copyright© Loveアットファーストサイト!一目惚れの恋愛心理学 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.