出典:金華山黄金山神社

Love待受・神仏

金華山黄金山神社へのアクセスやツアー!ご利益やお守り

更新日:

宮城県石巻市の牡鹿半島東南端に相対する孤島 金華山に鎮座する「金華山 黄金山神社(こがねやまじんじゃ)」

創建は750年という由緒あるこちらの神社は別名「金華山神社」とも呼ばれ、参拝客で賑わいをみせています。

御祭神は金山毘古神(かなやまびこのかみ)と金山毘売神(かなやまびめのかみ)で金運を授けてくれる神さま。

商売繁盛や開運招福のご利益を求め、全国から参拝客が訪れる大人気パワースポットへ足を運んでみてはいかがですか?

今回は「金華山 黄金山神社」のご利益やアクセス、お守り情報などをご紹介致します。

スポンサードリンク

金華山黄金山神社へのアクセスのご案内!

金華山

お車をご利用の方!

三陸自動車道 「石巻IC」から「女川IC」で降ります。

  • 万石橋を渡って県道2号線(石巻鮎川線)で「鮎川港」へ。

電車をご利用の方!

「JR仙台駅」から仙石線で終点「JR石巻駅」へ。

  • 石巻駅前より宮交バスに乗り、終点「鮎川港」へ。
    ※バスは片道 大人 1,460円で、鮎川港までは約1時間30分 です。

鮎川港からは船に乗り換え!日曜日

お車、電車をご利用される方も「鮎川港」から船に乗り換え、「金華山 黄金山神社」を目指して頂きます。

毎週日曜日は70人乗りの中型船が運航:往復お一人さま2,500円。

所用時間:20分です。

鮎川港からは船に乗り換え!平日

平日は不定期のモーターボートが運航されていますので そちらをご利用下さい。

12人乗りの小型船で、5人以上の乗客が集まれば:往復お一人さま3,000円。
※5人に満たない場合はチャーター料金15,000円が発生します。

金華山桟橋から神社までは神社所有のワゴン車で送迎して頂けるので、ぜひこちらをご利用頂きたいと思います。

スポンサードリンク

金華山黄金山神社の御朱印帳!三年連続参拝祈念

金華山には古くから「3年続けて参拝すれば一生お金に不自由しない」という言い伝えがあります。

その事から金華山黄金山神社には「三年連続参拝祈念御朱印帳」が用意されています。

御朱印帳金華山

ゴールドに光り輝くこちらの御朱印帳は、金華山に実際足を運ばないと手に出来ない とっても貴重なもの。

更に3年分の空白があり、「金華山 黄金山神社」でしか使用する事が出来ないまさに黄金山神社専用御朱印帳となっています。

初穂料:1,000円
御朱印料:500円

3年間参拝を続けるのは簡単な事ではありませんが、一生お金に困らないのならやってみる価値アリ。

無事3年連続参拝を達成された方には特別な記念品も用意されている様なので、頑張ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

金華山黄金山神社へのバスツアーが便利!

「金華山 黄金山神社」までのアクセスをご紹介しましたが、個人で行くとなるとちょっと不安又は出来るだけ安い交通費で参拝を希望される方には、各旅行会社から出ているバスツアーがオススメ。

金華山

「金華山 黄金山神社」の参拝に加え、地元の新鮮な魚介類を堪能出来るプランがお一人さま9,800円。

プランによってもお値段が変わりますが、とってもお手頃な価格のツアーが沢山登場しています。

ツアーによっては個人で参拝するより断然お得!

更にバスツアーなら運転の心配なし。

金華山

景色を眺めながら座っていれば目的に到着するなんて、何よりの贅沢です。1人でツアーに参加するも良し、友達や家族を誘って参加するも良し。

金華山

きっと素敵な旅行になると思いますので、みなさんのスケジュールにあったツアーをお探し頂きたいと思います。

スポンサードリンク

金華山黄金山神社のご利益!三大霊場として有名

「金華山 黄金山神社」が鎮座する金華山は、島の周囲26㎞ 中央最高点445mで「恐山」「出羽三山」と並ぶ奥州三大霊場の一つ。

金華山

島全体がこちらの神社の御神域になっています。

ここまで辿りつくにはフェリーを経由しなければならず簡単にたどり着く事が出来ませんが、だからこそ強力なご利益を授かれるのかもしれません。

「金華山 黄金山神社」の御祭神:

  • 金山毘古神(かなやまひこのかみ)
  • 金山毘売神(かなやまひめのかみ)

金(ゴールド)を司り、金運のご利益を授けてくれる神さま。

黄金山神社

「金華山 黄金山神社」創建後、神仏習合時代には弁財天さまを守護神として「金華山大金寺」と称し、多くの信仰を集めました。

この時代はなんと“女人禁制”だったそうです。なんだか歴史の流れを感じてしまいますね。

明治2年になり神仏分離令により名称が「黄金山神社」に戻され、女人禁制も解除されました。

この際 御祭神は金山毘古神と金山毘売神の二柱とされ、奥の院の大海祇神社(おおわだつみじんじゃ)の御祭神は大綿津見神(おおわだつみのかみ)・市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)が奉祀され 現在に至っています。

市杵島姫神は神仏習合によって「七福神弁財天」と同一神とされ、財運や芸能上達、子宝のご利益を授けてくれる神さま。

参拝の際はぜひ奥の院まで足を運んで頂きたいと思います。

金華山

そして金華山にはお猿さんや鹿が暮らしていますが、鹿は“神の遣い”とされ参拝中に出会えるとよりご利益を授かれるそう。

ぜひ“神の遣い”を探してみて下さいね。

スポンサードリンク

金華山黄金山神社のお守り!

黄金山神社

「金華山 黄金山神社」で大人気なのは何と言っても“金運”を授かれるお守り。金運が上がって困るという方はきっとどこにもいらっしゃいませんよね。

出来れば一生お金に困る事なく、仕事でも成功を収めたいものです。

“金運”にまつわるお守りは沢山ありますが、中でもイチオシなのは「小槌守 500円」
金運・開運招福のご利益を授かれるこちらのお守りは、とっても縁起が良い小槌がモチーフ。

小槌守

小さめのサイズでストラップ型になっているので、お好きな場所につけて頂けます。
更に小槌の中には恵比寿さまと大黒さまのお守り入り。

きっとみなさんの金運を高め、開運をもたらせてくれるはず。男性女性共にオススメのお守りです。

常に持ち歩けるお守りをお探しの方は「巳成金(300円)」はいかがですか?

己成金

名前を見ただけで金運が上がりそうなこちらのお守りは、とっても小さな小判型。ミニサイズのお守りなので、どんなデザインのお財布にも入れられます。

お財布に入れ常に持ち歩けば お財布の中身が増えるかも。参拝のお土産にもオススメです。

この他:

  • 龍神さまが水晶を抱いている「幸運の龍神水晶守 1,200円」
  • とっても可愛らしい蛇が袋に入った「巳歳開運蛇守 700円」
  • 金運や開運招福 そして所願成就のご利益を授かれる「金の成る木 1,000円」など

こちらの神社でしか手に入らないお守りが沢山用意されていますので、ぜひお気に入りのものをお探し下さい。

スポンサードリンク

金華山黄金山神社へのアクセスやツアー!ご利益やお守りのまとめ!

女性案内アイコン島全体がパワースポットとなる「金華山 黄金山神社」についてご紹介させて頂きました。

金華山に一歩足を踏み入れると、そこはまるで別世界。荘厳な雰囲気が漂う中境内をゆっくり散策すれば心身ともにリラックス。

更に強力な金運のご利益を授かる事が出来ますので、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

-Love待受・神仏

Copyright© Love神さま!宇宙の愛、グルメや旅、アートにミュージック , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.