Love神・宇宙・科学・スピ

Q&Aアヌンナキは人類の創造主?人類の起源・使命や地球のアセンション

更新日:

Q:アヌンナキは人間を創ったのか? これについてあなたの知識を知りたいのですが、どう思いますか?

アヌンナキはDNAを操作した22種族の中の一種族ではないでしょうか?それに、アヌンナキが人類を創造したというナレティブも、イルミナティーの操り人形といわれ、たくさんの偽情報を広めたゼカリア・シッチンのでっち上げだと思われます。

スポンサードリンク

人類型のヒューマノイドは銀河に広く点在している!

人間の起源は、銀河系に広く散らばっている一種の人型人種であり、善悪の目的で様々な銀河系の人種によって遺伝子操作されたことにより、様々なDNAを獲得しました。

この事により、地球の人類は銀河でもユニークで、特出した存在になったことは云うまでもありません。

  • プレアデス人の記述によると、人類を助けるためにアヌンナキと同盟を結んだシリウス人が、奴隷化されていた人類に目覚めの遺伝子を植え付けたと伝えられています。
  • 大天使メタトロンの記述によると、創造主の命により、奴隷化されていた人類に天使の遺伝子を植え付けたと伝えています。

人類の起源は猿を起源にしているのでは?惑星マルドゥーク

Q:ということは、私たちは猿と、過去に別の惑星や銀河からやってきた他のETとのハイブリッドであることは間違いないということですか?

私たちは、22の銀河種のDNAを持っていると云われています。これに密かに追加されたデバイン(天使)のDNAを含めると23ですね。

そして地球人の多くは、かつては爬虫類の女王に支配され繁栄し、そして戦争で破壊された惑星マルドゥークから連れてこられた難民の人種だと云われています。

またサナト・クマラの記述によると、古くは1000万年前からもともと地球に存在していた種族もありましたが、それらの内のいくつかは絶滅したか、混血して、種同士が混じった存在、現代の”ホモサピエンス”として存続しています。

更に何百万年もの間、地球を起源とするレプティリアン種族が、他の星にも移住したり、残りは南アフリカ地域の地下にも住んでいましたが、今回の銀河戦争の闇側に加担したため、ほとんど殲滅されているようです。

神の遺伝子!宗教の神々はETかマスター?

Q:私たちが神のDNAを持っているということは、生命力や魂(エネルギー)という形で、それぞれが神の実体として私たちの中にあるということですね? 

ここではアヌンナキの話をしていますが、すべての宗教の神々はETかマスターということになるのでしょうか、そしてシバ神のことはご存知ですか?

これは宗教者にとってはタブーの話題ですが、すべての宗教の神々はETかマスターです。

但し、クリスチャンは父なる母なる神を認識しています。

そしてジーザス(サナンダ)は、シリウス星を起源として、アルクトゥルス星起源のクマラファミリーと近い存在ですが、メルキゼデクのように、後にデバインの存在になりました。

なんにしても本当の神は各宇宙ごとの創造主で、その親に当たるのがプライムクリエータ―(最高創造主)ですので、我々は神の創造物(子どもたち)ですし、創造主自身の意識が我々の中に息づいています。

そのため、潜在的には同じ能力を持っており、同様に創造者という事になりますね。

シバは破壊と創造のマスターと考えています。

Q:私たちがどこから来たのかは、アヌンナキが大きく関係していると思いますが?

彼らには奴隷にされ、神として崇めました。そしてつい最近まで地球に住んでいて、支配者(アルコン、キメラ、ドラコ)のアライアンスでした。

今では銀河連合に地球から追放されました。

パラレルワールド(タイムライン)って、複雑ですよね? 存在意義がわかりません。

Q:あなたは本当にパラレルワールドがあると信じているのですか? 宇宙は十分に広大なので、他の宇宙は必要ないと思いませんか? また、それぞれの惑星や銀河系で同じ生活をしているパラレルワールドがあることにどんな意味があるのでしょうか。

このローカル宇宙はとても数学的な創造物で、基本構造は12のフラクタルな構造(12次元・12光線・12チャクラ・12ボディ・12階層等)になっています。

丁度、次元バブルがたくさんあるような感じですね。

そのためパラレルワールド(タイムライン)もフラクタルな構造で、ものすごい数になってしまうんですが、理論値としての”自由意志の選択”という変数がありますし、”永久に進化”という変数もあり、デザインにおいては必要なことなんです。

これは他の創造主が創った宇宙では異なり、次元のない宇宙もあるようです。

その場合、基本構造は1になりますので、シンプルな宇宙になると思います。

スポンサードリンク

コブラの解説を引用!まとめ

Q:惑星の存在達というのは、動物的な人間のような進化の道を経て、アセンションして、さらに進化して惑星の存在になったのですか?

コブラ:そうではありません。高度に進化した存在のほとんどは、動物的な進化を経ることはなく、彼らが到達した最も低いポイントは人間の経験でした。

進化には2つの大きな流れがあって、1つは物質から直接来て、鉱物、植物、動物、人間の王国を経て、精神へと上昇していく流れ、もう1つは精神から下降して、人間の経験に向かって下降し、再び上昇していく流れです。

Q:アセンションの次の進化のステップは何ですか?

コブラ:アセンションは、実際には帰路の旅の始まりであり、「ひとつ」に戻ることであり、最終的には「創造主」との統合に至る継続的なプロセスです。

 

-Love神・宇宙・科学・スピ

Copyright© Love神さま!宇宙の愛、グルメや旅、アートにミュージック , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.