大本堂目黒

出典:目黒不動尊

Love待受・神仏

目黒不動尊のご利益 (スピリチュアル) と縁日の時間!お宮参りや七五三と甘藷 (かんしょ) 祭り

更新日:

女性案内アイコン目黒不動尊という名称で親しまれ続けるパワースポット瀧泉寺のご利益(スピリチュアル)と不動尊の縁日の時間、お宮参りや七五三の参拝と甘藷(かんしょ)祭りについてご紹介致します。

全国各地から参拝客が訪れ連日賑わいをみせていますが、一ヶ月のうちに最も参拝客が増え活気あふれる日がある事をご存知ですか?

最も賑わう日とは毎月28日

この日は不動明王縁日が開催され沢山の屋台や露店が立ち並ぶのです。
護摩焚きも終日行われ境内はいつもと違った雰囲気に。

みなさんも活気あふれる目黒不動尊の縁日を体験してみませんか?

スポンサードリンク

目黒不動尊のご利益!スピリチュアル

大本堂目黒

目黒不動尊の名で親しまれる瀧泉寺は1200年の歴史ある由緒正しい天台宗のお寺。

日本三大不動尊の一つとしても知られ、ご本尊は不動明王が祀られています。

慈覚大師がこの地に立ち寄った際に夢の中でお告げを受け、像を掘り安置された事が起源とされています。

不動堂

その後、慈覚大師は長安の青龍寺で不動明王を拝み、夢で現れた仏様だった事を知り、帰国後にお堂を建立し瀧泉寺となりました。

現在目黒区は人気のある街となっていますが、目黒不動尊に由来してその名前が付けられたとも言われています。

昔から現在に至るまで人々に多大なる影響を与えている事がうかがい知れますよね。

授かれるご利益は厄除けや商売繁盛、病気平癒や交通安全など

愛染明王様

更に縁結びのご利益が授かれる愛染明王様がお祀りされている為、恋愛パワースポットとしても人気を集めています。

大日如来様

境内には水掛不動や微笑観音等様々な仏像やお堂があり、スピリチュアルなパワーを感じる事が出来ますので、ぜひごゆっくり散策して頂きたいと思います。

水掛不動

スポンサードリンク

目黒不動尊の縁日の時間帯とは?

普段境内はとっても落ち着いた雰囲気で心が洗われるような気がしますが、縁日になるとその姿は一変。

縁日 目黒

沢山の参拝客で賑わい軒を連ねる屋台で活気に満ち溢れた雰囲気に。
縁日というと“夏”というイメージがありますよね。

でも目黒不動尊では毎月開催される縁日によって季節の移り変わりをお楽しみ頂けます。

春夏秋冬で屋台のラインナップも少しづつ変わりますので、毎月足を運んでもお楽しみ頂けるのではないでしょうか。

縁日 目黒縁日の日程:毎月28日に開催されます。
縁日の時間帯:11時から21時頃まで。

※お店によっては20時位から値下げを始めたり徐々に片付けを始め、21時には屋台が撤収します。

出店される屋台はお好み焼きやたこ焼き、唐揚げやじゃがバターなどお祭りの定番メニューから、漬物や乾物、衣類の露店など子供から大人まで楽しめる内容。

毎年12月に開かれる縁日は「納め不動」と呼ばれ大変盛り上がります。

師走ならではの「納め不動」は又雰囲気が異なるのでオススメ。
ぜひ縁日に合わせて参拝されてみてはいかがでしょうか。

目黒不動のお宮参り (初参り)!

お宮参り生後1ヶ月の頃氏神様へご挨拶の意味を込めて参拝するお宮参り。

お宮参りは字の通り神社で済ませる方が多いのですが、目黒不動尊でも受け付けています。

目黒不動尊では毎週日曜日の15時から護摩祈願を行っています。

※平日初参りに行かれる方は前日までに祈祷のお申し込みをお済ませ下さい。

豆知識:お寺へ参拝する場合は「お宮参り」の代わりに「初参り」と言い方が変わります。

一般的に慶事は神社、仏事はお寺と思われている方が多いと思いますが、お寺でも慶事の祈祷を受け付けているのです。

宗教の事となると難しく感じられるかもしれませんが、私達がお宮参りや七五三などで神社や寺院に参拝するのは略式的な方法。

その為地元の氏神様へ参拝されても、菩薩寺のお寺へ参拝されても問題ありません。

ちなみに初参りやお宮参りは生後1ヶ月頃に行われますが、この日までに行わなければならないと言った決まりはありません。

赤ちゃんやお母さんの体調に合わせて日取りを決めて下さいね。

大安や戌の日の様な縁起が良い日取りに参拝される方が多い様ですが、特に気にする必要はない為あまり神経質にならずに予定を立てて頂きたいと思います。

スポンサードリンク

目黒不動の七五三参り!

七五三先ほども七五三について少し触れましたが、初参りと同様目黒不動尊で七五三参りをされる方がいらっしゃいますし、それは全く問題ありません。

もともと七五三は氏神様へ「収穫のお礼」と共に「子供が無事成長出来た事」を感謝する為に参拝した事が始まりとされています。

神道では子供が生まれた土地の神様(産土神:うぶすながみ)が守ってくれると言われ、自宅近くの神社へ参拝が一般的です。

一方仏教ではご先祖様の霊や仏様が子供を守ると考えられており、子供の成長を仏様やご先祖様に感謝する目的で参拝します。

宗教の違いで考え方が少し異なるものの、神社やお寺どちらへ七五三のお参りをされても問題は無く、ご両親がお子様の事を思って選ばれた先が正しいお参り先。

日本人は特に様々な宗教に浅く触れますよね。

お参りでは神社、祭日や結婚式はキリスト教、お葬式は仏教などと様々な神様仏様に頼っているので迷ってしまいますが、「感謝の気持ち」を伝えるという点では共通している事。

七五三で神社又はお寺へ参拝される場合は「日頃の感謝の気持ち」を持ってお祝いする事が大切ですので、納得のいく参拝先をお選び頂きたいと思います。

目黒不動尊の甘藷(かんしょ)祭りとは?

目黒不動尊の甘藷10月28日には「甘藷(かんしょ)祭り」が行われ、こちらもいつもの縁日に増して多くの参拝客で賑わいます。

“甘藷”なんだか聞き慣れない言葉ですよね。
“甘藷”とは一体何を示すのかというと“さつまいも”の事。

実は目黒不動尊には江戸時代の蘭学者 青木昆陽のお墓があります。

氏は関東地方の食料不足をなんとか救う為さつまいもの普及に取り組まれ、「甘藷先生」や「芋神様」と呼ばれ人々に親しまれました。

そんな彼の命日が10月12日という事もあり、10月28日に「甘藷祭り」が行われる様になったのです。

通常の縁日の屋台に加え芋ようかんや出来立てホクホクの焼き芋を販売する屋台が並び、まさに「さつまいも祭り」

私達が現在も美味しいさつまいもを味わえるのは甘藷先生のお陰。そう分かると普段何気なく口にしているものの有り難さが分かる気がしますよね。

ぜひ感謝の気持ちを持って美味しいさつまいもを味わって頂きたいと思います。

スポンサードリンク

目黒不動尊のご利益と縁日の時間のまとめ!

目黒不動尊の縁日や甘藷祭りについてご紹介させて頂きました。

普段は荘厳な雰囲気漂う目黒不動尊ですが、縁日が開催される毎月28日はその姿が一変します。

活気あふれる様子にきっとみなさんの心も元気になれるはず。

ぜひ一度縁日が開かれる28日に、お祭り気分で足を運んでみてはいかがでしょうか。

目黒不動尊の厄除けに関しての詳細はこちらの記事もご覧くださいね↓

目黒不動尊 護摩目黒不動尊の厄除けと時間や金額!護摩焚き料金と新年初の時間帯

目黒不動尊の名高い厄除けの時間帯や金額・料金等についてまとめてみましたのでご紹介致します。 関東最古の不動霊場とされる、目黒不動尊の新年初の護摩焚きは一年の始まりに相応しいですよね? ご本尊は不動明王 ...

-Love待受・神仏

Copyright© Love恋愛!スピリチュアル、アートやグルメにミュージック , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.